インバウンド誘致による
地域活性化

TOMBO PROJECTのメインミッションは、訪日客目線に拘り実施する地域資源の分析と再編集、そして世界へ向けたダイレクトな発信による地域活性化サポートです。
徹底した訪日外国人目線により、地域の既存資源や新たな観光資源を分析・発掘・再編集することでインバウンド観光資源へと転換を行い、訪日客が集中する都市部から地方都市へと動線を引き込む、インバウンド地方送客を進めています。

地域資源を外国人目線で再編集を行い、訪日客向け観光資源へ変換

インバウンドによる観光産業創出の場面において、訪日外国人が“本当に望む”コンテンツ創出/発信を、専門的グローバル目線によりサポートさせていただきます。地域観光産業における雇用の創出や拡大や、伝統建築古民家の活用も含め、それら地域資源活用を手段とした地方都市や農村部の課題解決に取り組んでいます。

日本の魅力や新しい体験を求めるために来日する訪日観光客や地方への移住を希望する定住外国人に対する誘致政策などの場面において、日本の地域が「売り込みたい日本」と外国人が「体験したい日本」の現状相違が存在する場合が多く見られます。

そこで、ファーストステップとして、外国人/ 専門家目線のオンデマンドチームによる該当地域の「地域力」整理のためのファムトリップを実施し、このフィルタリングにより各地域の持つ「外国人にとっての魅力」を十分に精査した上で、地域共同体と共に描いたビジョンをベースとして地域の魅力を海外へダイレクトに発信することにより、インバウンド需要の促進に貢献します。

グリーンツーリズムやアグリツーリズムを軸とした訪日外国人FIT(個人旅行者)向けアクティビティーのコンテンツ整備、訪日客にとっても非常に魅力的な古民家宿泊施設の整備、海外の旅行代理店との直接提携による各国からのツアー誘致、整備を行った地域コンテンツの海外発信を目的としたイベントの実施を、該当地域の自治体や地域共同体と密に協業しながら地域課題解決の実現を目指します。

〈和歌山県有田郡有田川町清水行政局〉
農林水産省都市農村共生対流
総合対策事業

〈和歌山県有田郡有田川町清水行政局〉農林水産省都市農村共生対流総合対策事業 〈和歌山県有田郡有田川町清水行政局〉農林水産省都市農村共生対流総合対策事業
朝霧が立ち込める高野山の麓に位置し、ぶどう山椒生産量日本一を誇る人口約3,000人の集落は、日本古来より見られる精神文化を基礎とした里山文化が色濃く残り、山からの湧水で洗い古民家で食す野菜や郷土料理は、「日本」にいることを感じさせる強力なコンテンツ。
ファムトリップによる資源整理を元に、沢登りやアグリツーリズム、地域資源である伝統建築古民家を再生させるなど、近畿圏地方都市部の訪日外国人向け観光資源へと転換するプロジェクトを進めています。


◆2016/10/13
土地の魅力を現地から世界へダイレクト発信

同じく森の州アメリカ合衆国コロラド州芸大出身者が移住し、世界発信を行うために飛び込んでくれました。
地元開発公社、地元の方々や役場の協力を得て、ルーティーンに英語発信するミッションがスタートです。
土地の魅力を独自の切り口でインプットし再編集、美しい里山の自然とアートの力をどう掛け合わせるか、新たな挑戦です。
土地の方々を交えた作戦会議、グランドビジョン構築と具体的アクションの積み上げが始まりました。

〈和歌山県有田郡有田川町清水行政局〉農林水産省都市農村共生対流総合対策事業 〈和歌山県有田郡有田川町清水行政局〉農林水産省都市農村共生対流総合対策事業

〈兵庫県篠山市〉
篠山市移住定住促進事業

〈兵庫県篠山市〉篠山市移住定住促進事業
武家文化、当時としては先鋭的であった教育に注力した青山藩の歴史が色濃く残る城下町篠山。
京阪神から約1時間でアクセス可能なこの地は日本六古窯のひとつ丹波焼の地でもあり、日本酒醸造においても丹波杜氏の歴史が深く残ります。官民連携体制により、インバウンドに力を入れた地域活性化アクションを推進しています。

〈兵庫県篠山市〉篠山市移住定住促進事業 〈兵庫県篠山市〉篠山市移住定住促進事業


◆2016/7/23
SASAYAMA – Cultural Dining Experience 2016 集落丸山

本物の日本食を世界へ伝えようとニューヨークにて活動する中東篤志シェフを迎え、篠山の古民家による一夜限りの宴を開催。日本六古窯のひとつである丹波焼を厳選してテーブルウェアとし、夏鹿や篠山の野菜など地域の素材のみを使用して篠山の文化を表現するポップアップレストランを実施。継続的な開催と海外への発信を前提としています。
海外発信の出口として、フードフォトライターDana Meirsonにより、中東エリアのニュースサイトGreen Prophet掲載。イスラエルを中心とした中東富裕層及び米国ユダヤ社会への情報発信を実現。また、和食の世界発信を専門とするCultivateddays.coへの掲載実現により、丹波焼を含む篠山の食文化や農村の魅力を英語記事により広く世界へ発信。

SASAYAMA – Cultural Dining Experience 2016 SASAYAMA – Cultural Dining Experience 2016 SASAYAMA – Cultural Dining Experience 2016 SASAYAMA – Cultural Dining Experience 2016 SASAYAMA – Cultural Dining Experience 2016 SASAYAMA – Cultural Dining Experience 2016 SASAYAMA – Cultural Dining Experience 2016 SASAYAMA – Cultural Dining Experience 2016 SASAYAMA – Cultural Dining Experience 2016
[国内メディア:Casa BRUTUS 2016年7月号掲載]
Casa BRUTUS 2016年7月号掲載

◆2016/10/23
- Ever thought about living in the Japanese countryside? -

都市と地方の情報パイプライン構築の一つの形として、地方への移住に関心を持つ外国人と受け入れ側行政を繋ぐ動線を創出するイベントを京都の非公開寺院で開催。禅寺でのディスカッションに、地方移住についての情報を求める方々が集まってくれました。

ビザ/雇用/住居など、実際に地方へ移住を行う際に外国籍の人々がクリアしなければならない要素や暮らしの不安があります。それらについて、受け入れ側である市の移住促進窓口の方を交え、行政側のサポート体制や現地の生活について具体的なディスカッションを行える場を設けました。
地域において国境や言葉の壁を超えた様々な受け入れ活動を実践されている土地住民の方々や、実際に限界集落に飛び込み26年間地域に溶け込んだ生活を実践されているカナダ人陶芸家もスペシャルゲストとして来てくださいました。彼らが経験について屈託無く語っていただくことにより具体的な田舎暮らしのイメージシェアに繋がったと確信しています。

イベントや移住促進の目的は闇雲な移民・移住促進ではありません。国外からの優秀な人材が日本の地方都市へ移住し、新たな目線で地域の魅力を発見・発信することにより、グローバリズムの波の中で地域の方々が土地の魅力を再発見し、先人の知恵をいかに守っていくかついて時代に沿った方法論が意識的に導き出されるきっかけ作りです。
また、実際に地域の中で外国人移住者が海外目線により行うアクティビティには、地域活性化の発信力やインバウンド受け入れ態勢構築ための多くの化学反応が期待できます。それらの可能性を、行政と連携を取りながら継続的に探り続けます。

Ever thought about living in the Japanese countryside? Ever thought about living in the Japanese countryside? Ever thought about living in the Japanese countryside? Ever thought about living in the Japanese countryside? Ever thought about living in the Japanese countryside? Ever thought about living in the Japanese countryside?


プロジェクト一覧